子育て中の私と、リプログラミングセラピー

子育て中のママのリラクゼーションタイム

こんにちは!
小倉菜生です。

息子が先週末インフルエンザになったので出席停止期間を一緒に過ごし、
子どもたちは昨日から登園しています。



出席停止中でも解熱後は本調子でなくても元気一杯!
息子と娘は部屋中パワフルに遊んでいました。

気分転換に、近所の堤防をお散歩をしたり、
いつもはできないことをして楽しもう!ということで、
お昼に自分たちで初めてのホットケーをキ作ったりして過ごしました。

ホットケーキを焼く息子と娘。

作ることが好きな子どもたち。
「焼いたら、どうなるのかな…?」
「次はこうしよう!」
「焼けた模様がハート型だね♡」
なんて、ワーワー言いながら、楽しそうに焼いていました。

その横で私は準備や片付けにバタバタ、
火傷しないかな、とヒヤヒヤしていました^^;

「ホットケーキを焼く」という行程の中に
子どもたちの視点でチャレンジや発見があって、
性格の違いもみれて、見ている私も興味深く面白かったです。


***


家事と子どもとのやりとりを並行する中で、休憩を取りたいのも事実ですが、
トイレに行ってもドアノブをガチャガチャして、ドア下の隙間から何かを入れてきたり。
「ママどこー?」
「ママ、中で何してるのー?」
と、トイレでも休めない、ひと息つけない・・・

子育てあるある、ですよね。笑

朝から夕方までずっとこの調子なので無意識に私の中に「ちゃんとしなきゃ」がでてきて、
やることを全部やろうとしたり、
身体が緊張して力が入り、呼吸が浅い状態になっていました。

子どもたちとの時間を楽しく過ごしたくて一緒に遊んだり、お話したりするけれど、
自分の心がいっぱいいっぱいになってしまうと
子ども同士の喧嘩やちょっとしたきっかけでイライラしてしまいます。

そうなると、八つ当たりのように子どもに対してきついことを言ったりして悪循環になっていました。




「自覚してなかったけど私疲れてるなー」
「うまくしようとしてできなくて自己嫌悪になりそうな感じ…。これ、いつものパターンだよね?!」
と、俯瞰して感じたので、数日間子供が寝た後にリプログラミングセラピーを自分自身に行い、
自分の心と向き合うことをしました。

目を閉じ、イメージの中でもう一人の私と対話したり、
行きたい場所へ行ったり・・・

リプログラミングセラピーを行なったおかげで、
身体の力が抜けて深い深呼吸となり、落ち着きを取り戻すことができました。

気分もスッキリ、
明日も私のペースでがんばろう〜、
バタバタな育児を楽しもう!
次の日も、子どもたちをぎゅーっと抱きしめよう!
という気持ちになりました。

何より、自分を責め、怒ったり疲れたりする中でも
ベースには子どもや家族への愛を感じられたことが、大きな気づきでした。


うまくいかない、できないと思う自分も、
よくやっているよ、
それでいいよ、
完璧なママでなくていいんだよ、
と、自分で自分を受けとめたので、その後は安心感の中で子どもたちと過ごすことができました。




まだ始まったばかりの子育てですが、
子育ては思い通りにいかないことが多くて、自分のことは後回しになることが多いです。

私はその中でリプログラミングセラピーを学び、体感していくことで、
少し大げさかもしれませんが、
自己犠牲ではない自分の人生の舵を取る感覚、
思い通りにいかないことを楽しむ感覚を
身につけることができたと思います。

そして、私からも「ありがとう」「さっきは、ごめんね」と言葉で気持ちを伝え、
子どもたちをぎゅっと抱きしめてあげられることが、とても嬉しいです。



これからも、リプログラミングセラピーとともに
自分自身の心を大切にしながら
子どもたちといろんな景色を見て感じて、
成長していけたらと思います。


関連記事

  1. リプログラミングセラピーのお客様の声

    【お客様の声】misoraセッション(お試しセッション)

  2. 心の仕組みや潜在意識を学び、深いリラックスを感じながら自分らしく生きる

    セルフセラピー講座スタートキャンペーンのお知らせ

  3. 心の仕組みや潜在意識を学び、自分らしく生きる

    【お客様の声】リプログラミングセラピー

  4. ママの安心感を感じさせる花束

    ママの安心感

  5. 宮崎市藤田助産院でクリスマスお茶会を開催しました。

    クリスマスお茶会を開催しました。

  6. 心の仕組みや潜在意識を学び、自分らしく生きる

    セルフセラピー講座スタートのお知らせ