いのちはどんな形をしているの?

息子との何気ない日常の会話であたたかい感覚が思い出される
息子との何気ない日常の会話であたたかい感覚が思い出される

いのちはどんな形をしているの?


僕はまるい形だと思う。

だってシカクやサンカクだったら、
トゲトゲしてていたそうなんだもん。




何気ない日常の会話。
5歳の息子の言葉。


私も忘れていたあったかい感覚が
子どもの一言で思い出されたように感じました。


息子のこの感性、大切にしていきたいです。



関連記事

  1. 夏至を少し過ぎた日の、清々しく、きれいな朝日

    朝日

  2. 息子が小学校から持って帰ってきた綺麗なアサガオ

    いろんな、わたし

  3. 綺麗な朝焼けを見て、ママ自身を大切にする気持ちがこみ上げてくる。

    ママが自分自身を大切にする